金券ショップは切手の在庫がたくさんある?切手の高額買取方法

金券ショップにはデパート商品券や新幹線チケット、ギフトカードなど様々な金券を販売していますが、切手の買取や販売もあります。
ここでは、金券ショップで切手を売り買いする時の注意点や節約購入方法についてご紹介していきましょう。

金券ショップでの切手購入は何枚から?

金券ショップでは62円や82円などの通常切手はもちろん、2円や10円切手など少額の切手や120円や500円切手など幅広く販売しています。
都心よりも地方にある金券ショップの方が1枚で購入できる場合が多いでしょう。
都心では、10枚1セットで購入してもらうなど制限を設けているところがあります。

切手の買取は何枚からできる?

金券ショップでは切手やはがきを買取してもらうことができます。
1枚からでも買取してくれる金券ショップが多く、1枚あたり5円程度の手数料を支払えば好きな切手と交換することも可能です。
ですから、金券ショップで取り扱っていない切手を持っていた場合は郵便局で交換してから金券ショップで販売できる切手を手に入れることができます。
また、昔の切手やはがきなどの買取も行っていますが注意して欲しいのは消印のある切手や裏糊がない切手は買取できないということです。

切手を高額買取してもらうためのコツ

切手をコレクションとして集めて保管しているという人の中で、買取依頼を検討している場合は、高く売るコツを知っておくと良いでしょう。

  • 切手の在庫状況を金券ショップに確認する
  • 古切手は現行の切手に交換してから買取してもらう
  • 100枚シートの状態で交換できるとベスト
  • 切手を数えやすくするため5の倍数になるようにしておく
  • 交換する際はできるだけ現金を使わない
  • 切手を買取してもらう期間が1~2週間必要な時はその間にレートが変わらないか確認しておく
  • できるだけ切手に特化した専門店に売却するようにする

以上のポイントに注意して、できるだけ切手を高く売れるように活用しましょう。

切手の高額買取方法

多くの金券ショップでは切手買取を額面の○○%という形で買い取ってくれることが多いです。
価格相場としてはバラの切手は70~80%で100枚シートは80~90%程度となっています。
もちろん店舗によって買取価格が違ってきますが、多くの場合は切手の買取にそれほど力を入れていません。
場合によっては買取を断られてしまうこともあるので、切手の買取は近くにある金券ショップよりも切手買取専門のお店に郵送買取しもらった方が良いでしょう。

慶事用切手は特定の使い方しかできない?

慶事用の切手は、結婚や出産などお祝い事に使用される切手です。
この慶事用切手は、主に結婚式の招待状などに使用しますが、慶事用切手の購入先や使い方についてご紹介します。

慶事用切手の使いかた

慶事用切手は、主にお祝い事に関する連絡の際に用いられますが、この場合は慶事用の切手を使って送る方法が一般的となっています。
現在主流となっているメールやアプリなどの連絡ツールで送る方もいるかもしれませんが、マナーとしてきちんと手紙を送るようにし、その際は慶事用切手を使用しましょう。
慶事用切手には、「扇面に梅文様」「扇面に竹文様」「扇面に松文様」の3種類があり、値段も異なります。
送る手紙の重さや大きさによって値段が異なるので、合った切手を購入しましょう。

慶事用切手の購入方法

慶事用切手は郵便局で購入することができます。
手紙の大きさや重さで郵便料金がいくらになるのか知りたい場合には、手紙を持ち込むとその場で料金分の切手を購入することもできます。
コンビニなどでも切手や収入印紙を取り扱っていますが、コンビニでは慶事用切手を購入することができないので、郵便局で購入するようにしましょう。

金券ショップでも切手が買える?

商品券やクオカード、切手などの金券を取り扱っている金券ショップでは、切手なども取り扱っている場合があります。
金券ショップの切手は、基本的にお客様からの持ちこみのみとなるので、販売価格も郵便局に比べると安くなっています。
切手の販売価格は約94%~96%程度となり、82円切手なら約77円から79円程度での販売となります。

定価よりも安く購入できるのは大きな魅力になりますが、切手をバラ売りしている所は少なく、ほとんどがシートで販売しているので、好きな枚数だけ購入できない場合もあるでしょう。
もちろん慶事用切手も在庫があれば販売していますが、欲しい金額の切手があるとは限りません。
事前に金券ショップに在庫の確認をして、足りない分を郵便局などで購入すると節約にもなります。

まとめ

慶事用切手はお祝い事でしか使用することができず、余ってしまう場合もあります。
この場合、郵便局に持ちこんでも返金することができず、所定の手数料を引いて残った分だけ、他の切手やはがきなどに交換することができます。
金券ショップでは現金で買い取りができるので、余った切手は金券ショップに持ち込んでみましょう。
また金券ショップで切手を探すとお得になるので、活用してみましょう。

金券ショップの買取時の税金について

金券というと、商品券やギフトカード、切手、収入印紙など、様々なものを思い浮かべることができるでしょう。
そんな金券を使うのはもちろんですが、なかなか使う機会がないという場合、金券ショップに売ることができます。
しかし、切手や収入印紙を大量に売るときには、税金がかかるということをご存知ですか?
今回は、そんな金券ショップにて売る場合、買取時の税金についてはどのようになっているのか紹介していきます。

法人・個人による売却の可能性

そもそも、切手や収入印紙は購入後に返金・返品することができません。
そのため、大量に所持している場合は金券ショップに売却するという方法が選ばれています。
特に法人の場合であれば、使う見込みがあるために数量も多めに用意することがもあるでしょう。

しかし、契約や売買に関するキャンセルや案件の消失など、様々な理由によって大量に売却せざるを得なくなるケースも少なくありません。
個人の場合は、コレクターの方が切手収集などで集めていた切手を売却するケースが多いです。
切手や収入印紙を売却する場合は、法人か個人かによっても買取金額に差が出てくるでしょう。

法人の売却の場合

法人で購入した切手や収入印紙は、購入時には経費として計上していることでしょう。
特に会社の規模が大きかったり、額も大きくなればなるほど、定期的な棚卸などで在庫管理をしたり、細かな社内ルールが適用されていきます。
こうした中で売却が望まれる場合、経費として計上した会計処理を営業外収益として売上計上する方法が望ましいでしょう。
しかし、上場企業の場合は、金券ショップの利用も禁止になっていることがあり、一部では不適切な処理がされている可能性もありますので、節税にならないよう注意が必要です。

個人の売却の場合

個人であれば、法人のように高額分の切手や収入印紙を購入することはないでしょうが、コレクションや個人事業主として経営を行っている場合は確定申告が必要になる可能性が高いでしょう。

特に切手や収入印紙でおよそ20万円以上の買取金額となった方や、年収が2000万円を超えている方は、必ず確定申告しなければなりません。
遺品整理などで大量の切手コレクションの処分を検討しているケースも多いでしょう。
その際には、買取金額や年収についてもしっかりとチェックしておかなければなりません。

切手はどこに売ればいいの?売る場所や高く売るための方法

いつの間にか未使用の切手がたまったり、家族が切手を集めていたけど必要ないので処分しようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
コレクションが趣味で集めてみたものの使い道がなくて困っている方も多いようです。
そこで今回は、集めた切手をどこに売ればよいのか、切手を高く売るためのポイントについてご紹介していきます。

切手の種類について

切手には郵便局で販売している通常切手から枚数を限定して発行される記念切手や外国切手などたくさんの種類が存在します。
希少性の高い記念切手は高額買取が望めるので集めている方も多いのですが、近年では収集に熱中している方もあまり見られなくなりました。
そうなると集めていた切手をただ保管しておくのは勿体ないと考え売却をしたいと思う方もいるでしょう。
切手の種類によっては高い値段がつく可能性もあるので、手持ちの切手の価値を事前に調べておくことをおすすめします。

切手を売る場合はどこに売る?

切手の買取方法は、切手の取り扱いがある金券ショップやインターネットの買取業者などがあります。
また出張買取といって買取業者が自宅まで訪問し買取に来てくれるサービスや郵送買取で切手を売ることも可能です。
出張買取や郵送買取などの場合は、手数料が発生しないので安心して買い取ってもらうことができますが切手専門のお店でなければ高額買取は期待できないでしょう。

どんな切手でも買取できる?買取ポイントついて

切手を売る時のポイントは、未使用だということは大前提です。
しかし、希少価値のある切手は使用済みや期限切れのものでも買い取りしてもらえる可能性もあります。
保管状態に関しては、端っこが切れていたり多少折れ目がついている程度なら買い取ってもらえるでしょう。
当然綺麗に保管してある切手の方が高値がつきますが、切手の保管状態が悪く売れないと思い込んでしまっているようなら、一度金券ショップに持ち込んでみてはどうでしょうか。
プレミアがついている切手なら、自分が思っていた相場よりも高く売れるかもしれません。

みなさまこんばんは~♬. . 本日は切手のご案内です💡💭. . ご自宅で眠っている切手ありませんか??. . 当店では1枚から買取しています👌💗. . 買取率は額面によって異なります💦. . ☆バラ☆(買取率がupしました!!!) 額面50円以上 60% 額面49円以下 50% ☆記念シート☆(1シート10枚以上) 額面50円以上 65% 額面49円以下 60% ☆1シート100枚綴り☆ 全額面 85% 1枚でもまとめてでも大歓迎です( ´﹀` )!! 勿論査定だけもおっけーです♬. . また額面よりお安く販売もしてますよ🙆🏼‍♀️✨. . . 是非ご来店ください♡. . 皆様のご来店お待ちしております!. . . . #切手 #切手買取 #買取 #商品券 #商品券買取 #高価買取 #金券ショップ #金券買取 #金券 #株主優待券買取 #千葉中央 #千葉 #japan #Instagram #instagood #instalike #l4l #オリジナルストーンズ #いいね返し #f4f #フォロー返し #フォロー #フォローミー

オリジナルストーンズさん(@originalstones.w)がシェアした投稿 –

おわりに

近年は趣味が多様化していることから、切手を集める人が少なくなっています。
金券ショップの買取に関しても、今後衰退していくことが予想されるので、できるだけ早めに取引した方が良いでしょう。

切手やはがきの金額と種類をおさらいしよう

現在、様々な金券がある中で、切手やはがきは昔から親しまれているものでもあります。
特に最近は消費税の値上げなどの影響で、切手やはがきも値上げされており、種類や金額が把握できていない方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は切手やはがきの種類や金額を確認して理解していきましょう。

はがきの値段と種類

2017年6月の郵便料金改定で、はがきの郵便料金も改定されました。
現在、はがきの値段は62円となっています。
年賀はがきは52円のまま据え置きとなっていましたが、2019年度以降は年賀はがきについても62円となることが発表されています。
ただ、これまでの52円はがきについては、10円切手を貼ることで利用することができますので、処分しないように注意しましょう。

切手代は重さ・大きさをチェックしよう

はがきを送る場合と違い、封筒に貼る切手は重さや大きさによって値段が変わってきます。
通常、定型内郵便は重さ25グラムまでは82円切手で、重さ50グラムまでは92円切手で送ることが可能です。
しかし、A4サイズ封筒で郵送したり、手作りした手紙や封筒、またオークションなどで送る厚みのあるものなどは、定形外郵便となるため重さによって必要な切手の料金は変わってくるでしょう。

想像以上に重さがあり、切手代が高くなってしまう場合には、レターパックやゆうメールなどという発送方法の方がかえって安く済むこともあります。

規格内・規格外郵便とは?

現在、規格内郵便と規格外郵便という区分ができています。
オークションやネット通販などで、郵送するケースが近年増えてきています。
こうした影響で、様々な対応水準を維持するべく、規格内郵便・規格外郵便という区分ができたのです。
規格内区分となるものは、長さ34センチ・幅25センチ・厚さ3センチ・重さ1キロまでのものとなります。
規格外区分は、規格内以上のサイズ、重さのあるものが対象となるのです。

同じ定形外郵便においても、規格内か、規格外かによって料金が大きく変わってくるため、利用する際には事前にチェックしておくとスムーズに利用することができるのではないでしょうか?切手を貼って送ることができるので非常に便利ですし、利用機会も多いのが特徴ですが、こうした料金改定や規格内・規格外区分の違いを把握していないと、思わぬトラブルになってしまうことがあります。しっかりとはがきや切手代を確認しておくようにしましょう。

金券ショップを利用して切手を買い取ってもらおう

趣味で集めていた切手や、遺品整理などで出てきた切手をどうしたら良いのか分からないといったことをよく耳にしますが、どのようにすればいいのでしょうか。そんな切手の活用法や買取事情について紹介します。

切手の手っ取り早い活用法

もちろん、いらなくなったといっても、そのまま郵便に使うことができますので、地道に郵便を利用する機会に使っていくことが良いと思います。そんなに郵便物を出す機会がないと考えがちですが、実は、切手は、郵便以外にもゆうパックといったサービスを利用する際に切手を使うことが可能です。

また、手数料を支払えば、はがきやレターパックへの交換も可能ですので、年賀はがきなど大量購入する機会に使ってみるのもいかがでしょうか。

金券ショップで買取してもらう方法

いやいや我が家には切手がたくさんあって困っているんだ、という方は、金券ショップで換金するのがおすすめです。ある程度まとまったお金が手に入ると嬉しいですよね。

換金率は、切手の状態や種類によって変動がありますので、よく確認しておいて下さい。同じ切手でも、シートのままの状態の方が高値で買い取りしてもらえ、記念切手シートよりも普通の切手シートの方が換金率も高くなる場合が多いです。バラバラになってしまった切手が複数枚あるのであれば、郵便局で交換してもらってから買取してもらうのも良いですね。

金券ショップで販売しやすいかどうかが換金率を高くするための大きなポイントのようですが、お店ごとで買取額はいろいろですので、きちんと比較して自分で判断しておくことが重要です。

レアものはオークションにかけてみよう

古い切手や希少価値の高い切手は、コレクターが欲しがるような貴重なものがあり持っている本人が気づかないまま知らずに放置されてしまっているケースも多いです。

そんな時は、金券ショップだと平凡な査定価格でも、オークションに出品してみると予想以上の高値につながったりします。どのような切手が貴重なのか、あらかじめよく調べておくことが必要ですね。

家財整理をして、お宝を見つけてみよう

意外と家の中を探してみたら、ほったらかしの切手が多く出てきたという方がいらっしゃるかと思います。

もしかすると、その中には、お宝があるかもしれません。是非、どのような切手が家に残っているのか確認していただき、金券ショップなどを有効利用してみてはいかがでしょうか。

Yasuyo Okazakiさん(@akiloveyasu)がシェアした投稿

使わない切手をお得に現金化するために押さえておきたいポイント

捨てるに捨てられないものは色々ありますが、昔集めていた切手がそうだという方もいらっしゃるのでは。切手集めのブームが去り、家に大量に在庫があるものの、持て余しているという方は現金化を考えてみてはいかがでしょう。

使わない切手を買取してくれるところ

新発売のものだけでなく古い年代物の切手なども集めていたという方は多いです。また、切手と同時に消印を集めるのも流行していましたので、使用済みのものなども含めてストックブックに入れてあるという方もいらっしゃるでしょう。こうした収集品の場合、そのまま置いておくだけでは何の価値も見出せません。

もちろん、過去のコレクションとしてたまに出して眺めるのが楽しいという方はそのまま自宅に保管しておくのも1つの方法です。しかし、もはやそれを出して眺めることも無くなってしまったというのであれば、この際整理してすっきりしてみてはいかがでしょうか。使わない切手は、街でよく見かける金券ショップに持っていくと、現金化することができます。

ただし、その際に気を付けなければならない点として、街でよく見かける金券ショップでは、1度使われている切手は引き取ってくれないのが一般的だということです。また、すべての街中にある金券ショップが切手を買い取ってくれるわけではありません。

クマテツさん(@kuma327544)がシェアした投稿

金券ショップに切手を売る時気を付けたいこと

色々な金券を扱っている金券ショップに切手を持って行く場合、そのまま買取依頼をするのは得策ではないです。街中にある金券ショップで売っている切手は現在流通している切手ですが、店舗に全種類が揃っているとは限りません。そのため、買取を行う場合の相場価格は、その店舗の在庫量によって大きく左右されます。

同じ額面の切手であっても、店舗によって買取価格相場が大きく違うことがありますし、同じお店でも短期間に相場が変動することも大いにありえる話です。そのため、大量に使わない切手があってこれを金券ショップに買取依頼をしたい場合には、まずお店に今どの切手の在庫が少ないのかを尋ねてみましょう。

その上で、郵便局に出向いて1枚につき5円の交換手数料を払い、買取店で在庫が少ないと言われた切手に交換してもらいます。ただし、郵便局では使用済みのものは交換してくれないので注意が必要です。郵便局で新しい切手に交換してもらえるのは、新品未使用で消印が押されていないものに限ります。

まとめ

金券ショップの在庫量によって買取相場が変わるので、売る時には注意したいものです。

手持ちの切手にレアな切手があるかも!?高値で売るには

かつて、記念切手の収集がブームとなったことがあります。指紋をつけないようピンセットで挟んでファイリングする様子を思い浮かべますね。1960年代ころのブームです。記念切手もその時代は1枚からでも購入できたこともあり、少額でできる趣味として人気でした。

当時は珍しかった記念切手も今では頻繁に発売されることからそのプレミア感は薄まり、現在は収束の方向にあり、わずかなコレクターが存在するのみ。収集経験のある方は膨大な数の記念切手を持っており、なかにはレアなものも含まれています。

もしもそういった切手を手放すのであれば、一度買取ショップに持ち込んでみませんか?できるだけ高く買い取ってもらえるよう勉強しておきましょう。

プレミア切手とは?

プレミア切手とは、額面以上の価値がある切手のことです。1円でも高ければプレミアものということになります。有名なものでは最も古い切手である竜文切手や、コレクターの人気が高い桜切手、手彫りの切手として最後のものとなる鳥切手などが貴重です。

記念切手としては明治天皇の銀婚記念切手や日清戦争の勝利記念切手など。他に特殊切手や中国切手などもレアな切手として価値が高いです。

株式会社サントさん(@santo.tanaka)がシェアした投稿

高価で買取してもらえるケースは?

高い値段に設定されるケース、それはブームとなる昭和30年より前のもの、手彫りのもの菊や見返り美人をモチーフにしたデザイン物などがあげられます。また状態も査定に大きく影響します。破れや汚れはもちろん、変色も価値を下げる要因です。

査定に出すならまとまった数一度に出すのが高値で取引してもらえる可能性が高くなります。手元に思わぬ貴重な切手が紛れている可能性もありますので、事前によく調べておくことをおすすめします。

買取してもらえる推奨できるところとは…

古い切手などをたくさん持っているなら切手専門で買取を行っているショップがよい。実績が豊富で、査定もしっかりと行ってくれる評判のショップがいくつかあります。汚れや破れ、バラでも一枚ずつ丁寧に査定してくれます。

複数の店舗に問い合わせ、それぞれに見積もりをもらっておくのがよいです。店頭に持ち込めなくても郵送での買取や、出張買取などを行っているところもあるので、サービスの良さや査定価格も比較検討してみては。

もしも手持ちの切手査定が額面を下回っているなら、思い切って金券ショップに持ち込み、手早く換金しましょう。お金ですので、買い取ってもらえないということはありません。どんな切手であっても適切な使い道があるはずです。郵便局では古い切手を現在のサービスに変えることもできます。また寄付としてボランティア団体に贈ることもできますよ。

余った切手の活用方法

世界最初の切手はイギリスにて発行されており、万国郵便連合の決まりにより、切手にローマ字で発行した国の名前を表記することを決められていますが、世界ではじめてイギリスが切手を発行したため国名は表記せず、エリザベス女王のシルエットマークがその特徴となります。

日本は、アメリカの制度を参照した前島密によって近代の郵便制度が発足しました。日本ではじめの切手は、2匹の竜が描かれた竜文切手で1871年に発行されています。そんな歴史のある切手ですが、コレクションにしていて、そろそろ売ってしまおうかと思っている方、故人の遺品を整理していると大量の切手が見つかったという方もいるのではないでしょう。

では、もし突然、大量の切手が家の中のタンスから出てきたら何から手をつけるのがよいのでしょうか。いろいろ考えるのは面倒だから捨ててしまおうと思った方。もったいないですよ!今回は効率よく減らせる切手の活用と換金の手順をご紹介します。

郵便局の料金支払いで使う

切手は郵便物に貼り付けて使用するのが一般的ですが、郵便局から出されているすべてのサービス料金に充填することが可能です。そうすると、額面の金額分をプラスもマイナスもなく使用することが可能です。

郵便局で新しい商品と交換する

郵便局で切手を使用して交換可能の商品は、切手・はがき・郵便書簡(ミニレター)・特定封筒(レターパック)です。

しかし、注意点として交換する際に、特定封筒(レターパック)は1枚41円、往復はがき・郵便書簡は1枚10円、郵便切手・通常はがきは1枚5円、10円未満の郵便はがき、郵便切手は合計金額の半額と手数料が必要となります。しかし、手数料も切手で支払うことができるので、差し引きして残った金額分の商品を手元に残すことが可能です。

金券ショップで現金化

切手を簡単に現金にしたいのであれば、金券ショップやリサイクル店を利用しましょう。金券ショップでの買い取りは再販するのが仕事なので、売りやすい切手の方が価値が高く、バラでは買取りの値段が下がり、記念シートよりも普通シートの方がいい値段で買取りしてもらえます。

ご主人が切手を集めていて亡くなってしまい、ご家族の方が買取り依頼をするケースが最近増えているのです。コレクションで収集していた切手の場合は、たまに消印が珍しいものが押されていて、裏糊がない場合があることも多いので、金券ショップでは売ることができない場合もあります。

また、店舗に持ち込むよりもインターネット経由で買取りを行ってもらう方が高い値が付く場合もあるのでこちらも検討してみてください。

使わない切手を金券ショップに持ち込む時に知っておきたいこと

年賀状を高く買取してくれるところはどこ?

以前、切手を収集が流行しており、切手が新発売されると郵便局にこぞって並び、新しい物好きな方々が切手を購入されていました。切手収集を行う人の数は以前と比べると減りましたが、その頃に買い集めた切手をただなんとなく取ってあるという方もいらっしゃるでしょう。使う予定が無く、そのままにしてあるのはなんとももったいない話です。

収集した切手のおすすめの処分方法

切手は単体ではそれほど場所を取るものではありませんが、収集していたのであれば、それなりの量になっているでしょう。発行年数が古くてもあっても、当時郵便局に並んで手に入れた新品の切手なら、今でも額面相当の切手として手紙などを出す時に使うことができます。

しかし、収集したもの全部を手紙として出す時に使うというのも実際的な話ではないです。かといって、お金と同じ価値を持つものですので、そのまま捨てる訳にもいきません。収集していた切手の置き場に困っているなら、金券ショップに持参して換金するのがおすすめです。とはいえ、金券ショップに持参するにあたって知っておきたいテクニックがあります。

切手を効率良く売るためのテクニック

金券ショップでは切手も売っています。お店がある場所が都会か地方かによっても異なりますが、地方にある金券ショップでは郵便局のようにばらでも売っていることが多く、都会にある金券ショップではシートになっているものが売られていることが多いです。金券ショップで売られているということは、逆に言うと買取も行っているということになります。

ただし、切手の場合は新品で使われていないなら、郵便局に持参すると、手数料を支払えば好きな額面の切手に引き換えてもらうことが可能。手数料は切手の場合1枚5円ですので、それよりも額面の安い切手の買取は行っていない、そんな店舗が増加傾向にあります。手数料を払うと金券ショップが損をしてしまうからです。

金券ショップで売られているのは現在郵便局に買いに行くと手に入るものですので、収集していた切手を換金のために金券ショップに持参するケースでも、そのままの状態ではなく、いったん郵便局に持参して普通切手シートに換えてもらってから持参すると良いです。郵便局で交換してもらってからだと、そのまま金券ショップに持参するよりも、査定に時間がかかりません。

satokosasaさん(@satoko2532)がシェアした投稿

まとめ

使う予定の無い切手を換金するにあたってのポイントを解説しました。