切手はどこに売ればいいの?売る場所や高く売るための方法

いつの間にか未使用の切手がたまったり、家族が切手を集めていたけど必要ないので処分しようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
コレクションが趣味で集めてみたものの使い道がなくて困っている方も多いようです。
そこで今回は、集めた切手をどこに売ればよいのか、切手を高く売るためのポイントについてご紹介していきます。

切手の種類について

切手には郵便局で販売している通常切手から枚数を限定して発行される記念切手や外国切手などたくさんの種類が存在します。
希少性の高い記念切手は高額買取が望めるので集めている方も多いのですが、近年では収集に熱中している方もあまり見られなくなりました。
そうなると集めていた切手をただ保管しておくのは勿体ないと考え売却をしたいと思う方もいるでしょう。
切手の種類によっては高い値段がつく可能性もあるので、手持ちの切手の価値を事前に調べておくことをおすすめします。

切手を売る場合はどこに売る?

切手の買取方法は、切手の取り扱いがある金券ショップやインターネットの買取業者などがあります。
また出張買取といって買取業者が自宅まで訪問し買取に来てくれるサービスや郵送買取で切手を売ることも可能です。
出張買取や郵送買取などの場合は、手数料が発生しないので安心して買い取ってもらうことができますが切手専門のお店でなければ高額買取は期待できないでしょう。

どんな切手でも買取できる?買取ポイントついて

切手を売る時のポイントは、未使用だということは大前提です。
しかし、希少価値のある切手は使用済みや期限切れのものでも買い取りしてもらえる可能性もあります。
保管状態に関しては、端っこが切れていたり多少折れ目がついている程度なら買い取ってもらえるでしょう。
当然綺麗に保管してある切手の方が高値がつきますが、切手の保管状態が悪く売れないと思い込んでしまっているようなら、一度金券ショップに持ち込んでみてはどうでしょうか。
プレミアがついている切手なら、自分が思っていた相場よりも高く売れるかもしれません。

みなさまこんばんは~♬. . 本日は切手のご案内です💡💭. . ご自宅で眠っている切手ありませんか??. . 当店では1枚から買取しています👌💗. . 買取率は額面によって異なります💦. . ☆バラ☆(買取率がupしました!!!) 額面50円以上 60% 額面49円以下 50% ☆記念シート☆(1シート10枚以上) 額面50円以上 65% 額面49円以下 60% ☆1シート100枚綴り☆ 全額面 85% 1枚でもまとめてでも大歓迎です( ´﹀` )!! 勿論査定だけもおっけーです♬. . また額面よりお安く販売もしてますよ🙆🏼‍♀️✨. . . 是非ご来店ください♡. . 皆様のご来店お待ちしております!. . . . #切手 #切手買取 #買取 #商品券 #商品券買取 #高価買取 #金券ショップ #金券買取 #金券 #株主優待券買取 #千葉中央 #千葉 #japan #Instagram #instagood #instalike #l4l #オリジナルストーンズ #いいね返し #f4f #フォロー返し #フォロー #フォローミー

オリジナルストーンズさん(@originalstones.w)がシェアした投稿 –

おわりに

近年は趣味が多様化していることから、切手を集める人が少なくなっています。
金券ショップの買取に関しても、今後衰退していくことが予想されるので、できるだけ早めに取引した方が良いでしょう。

切手やはがきの金額と種類をおさらいしよう

現在、様々な金券がある中で、切手やはがきは昔から親しまれているものでもあります。
特に最近は消費税の値上げなどの影響で、切手やはがきも値上げされており、種類や金額が把握できていない方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は切手やはがきの種類や金額を確認して理解していきましょう。

はがきの値段と種類

2017年6月の郵便料金改定で、はがきの郵便料金も改定されました。
現在、はがきの値段は62円となっています。
年賀はがきは52円のまま据え置きとなっていましたが、2019年度以降は年賀はがきについても62円となることが発表されています。
ただ、これまでの52円はがきについては、10円切手を貼ることで利用することができますので、処分しないように注意しましょう。

切手代は重さ・大きさをチェックしよう

はがきを送る場合と違い、封筒に貼る切手は重さや大きさによって値段が変わってきます。
通常、定型内郵便は重さ25グラムまでは82円切手で、重さ50グラムまでは92円切手で送ることが可能です。
しかし、A4サイズ封筒で郵送したり、手作りした手紙や封筒、またオークションなどで送る厚みのあるものなどは、定形外郵便となるため重さによって必要な切手の料金は変わってくるでしょう。

想像以上に重さがあり、切手代が高くなってしまう場合には、レターパックやゆうメールなどという発送方法の方がかえって安く済むこともあります。

規格内・規格外郵便とは?

現在、規格内郵便と規格外郵便という区分ができています。
オークションやネット通販などで、郵送するケースが近年増えてきています。
こうした影響で、様々な対応水準を維持するべく、規格内郵便・規格外郵便という区分ができたのです。
規格内区分となるものは、長さ34センチ・幅25センチ・厚さ3センチ・重さ1キロまでのものとなります。
規格外区分は、規格内以上のサイズ、重さのあるものが対象となるのです。

同じ定形外郵便においても、規格内か、規格外かによって料金が大きく変わってくるため、利用する際には事前にチェックしておくとスムーズに利用することができるのではないでしょうか?切手を貼って送ることができるので非常に便利ですし、利用機会も多いのが特徴ですが、こうした料金改定や規格内・規格外区分の違いを把握していないと、思わぬトラブルになってしまうことがあります。しっかりとはがきや切手代を確認しておくようにしましょう。