使わない切手を金券ショップに持ち込む時に知っておきたいこと

年賀状を高く買取してくれるところはどこ?

以前、切手を収集が流行しており、切手が新発売されると郵便局にこぞって並び、新しい物好きな方々が切手を購入されていました。切手収集を行う人の数は以前と比べると減りましたが、その頃に買い集めた切手をただなんとなく取ってあるという方もいらっしゃるでしょう。使う予定が無く、そのままにしてあるのはなんとももったいない話です。

収集した切手のおすすめの処分方法

切手は単体ではそれほど場所を取るものではありませんが、収集していたのであれば、それなりの量になっているでしょう。発行年数が古くてもあっても、当時郵便局に並んで手に入れた新品の切手なら、今でも額面相当の切手として手紙などを出す時に使うことができます。

しかし、収集したもの全部を手紙として出す時に使うというのも実際的な話ではないです。かといって、お金と同じ価値を持つものですので、そのまま捨てる訳にもいきません。収集していた切手の置き場に困っているなら、金券ショップに持参して換金するのがおすすめです。とはいえ、金券ショップに持参するにあたって知っておきたいテクニックがあります。

切手を効率良く売るためのテクニック

金券ショップでは切手も売っています。お店がある場所が都会か地方かによっても異なりますが、地方にある金券ショップでは郵便局のようにばらでも売っていることが多く、都会にある金券ショップではシートになっているものが売られていることが多いです。金券ショップで売られているということは、逆に言うと買取も行っているということになります。

ただし、切手の場合は新品で使われていないなら、郵便局に持参すると、手数料を支払えば好きな額面の切手に引き換えてもらうことが可能。手数料は切手の場合1枚5円ですので、それよりも額面の安い切手の買取は行っていない、そんな店舗が増加傾向にあります。手数料を払うと金券ショップが損をしてしまうからです。

金券ショップで売られているのは現在郵便局に買いに行くと手に入るものですので、収集していた切手を換金のために金券ショップに持参するケースでも、そのままの状態ではなく、いったん郵便局に持参して普通切手シートに換えてもらってから持参すると良いです。郵便局で交換してもらってからだと、そのまま金券ショップに持参するよりも、査定に時間がかかりません。

satokosasaさん(@satoko2532)がシェアした投稿

まとめ

使う予定の無い切手を換金するにあたってのポイントを解説しました。