使わない切手をお得に現金化するために押さえておきたいポイント

捨てるに捨てられないものは色々ありますが、昔集めていた切手がそうだという方もいらっしゃるのでは。切手集めのブームが去り、家に大量に在庫があるものの、持て余しているという方は現金化を考えてみてはいかがでしょう。

使わない切手を買取してくれるところ

新発売のものだけでなく古い年代物の切手なども集めていたという方は多いです。また、切手と同時に消印を集めるのも流行していましたので、使用済みのものなども含めてストックブックに入れてあるという方もいらっしゃるでしょう。こうした収集品の場合、そのまま置いておくだけでは何の価値も見出せません。

もちろん、過去のコレクションとしてたまに出して眺めるのが楽しいという方はそのまま自宅に保管しておくのも1つの方法です。しかし、もはやそれを出して眺めることも無くなってしまったというのであれば、この際整理してすっきりしてみてはいかがでしょうか。使わない切手は、街でよく見かける金券ショップに持っていくと、現金化することができます。

ただし、その際に気を付けなければならない点として、街でよく見かける金券ショップでは、1度使われている切手は引き取ってくれないのが一般的だということです。また、すべての街中にある金券ショップが切手を買い取ってくれるわけではありません。

クマテツさん(@kuma327544)がシェアした投稿

金券ショップに切手を売る時気を付けたいこと

色々な金券を扱っている金券ショップに切手を持って行く場合、そのまま買取依頼をするのは得策ではないです。街中にある金券ショップで売っている切手は現在流通している切手ですが、店舗に全種類が揃っているとは限りません。そのため、買取を行う場合の相場価格は、その店舗の在庫量によって大きく左右されます。

同じ額面の切手であっても、店舗によって買取価格相場が大きく違うことがありますし、同じお店でも短期間に相場が変動することも大いにありえる話です。そのため、大量に使わない切手があってこれを金券ショップに買取依頼をしたい場合には、まずお店に今どの切手の在庫が少ないのかを尋ねてみましょう。

その上で、郵便局に出向いて1枚につき5円の交換手数料を払い、買取店で在庫が少ないと言われた切手に交換してもらいます。ただし、郵便局では使用済みのものは交換してくれないので注意が必要です。郵便局で新しい切手に交換してもらえるのは、新品未使用で消印が押されていないものに限ります。

まとめ

金券ショップの在庫量によって買取相場が変わるので、売る時には注意したいものです。