切手やはがきの金額と種類をおさらいしよう

現在、様々な金券がある中で、切手やはがきは昔から親しまれているものでもあります。
特に最近は消費税の値上げなどの影響で、切手やはがきも値上げされており、種類や金額が把握できていない方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は切手やはがきの種類や金額を確認して理解していきましょう。

はがきの値段と種類

2017年6月の郵便料金改定で、はがきの郵便料金も改定されました。
現在、はがきの値段は62円となっています。
年賀はがきは52円のまま据え置きとなっていましたが、2019年度以降は年賀はがきについても62円となることが発表されています。
ただ、これまでの52円はがきについては、10円切手を貼ることで利用することができますので、処分しないように注意しましょう。

切手代は重さ・大きさをチェックしよう

はがきを送る場合と違い、封筒に貼る切手は重さや大きさによって値段が変わってきます。
通常、定型内郵便は重さ25グラムまでは82円切手で、重さ50グラムまでは92円切手で送ることが可能です。
しかし、A4サイズ封筒で郵送したり、手作りした手紙や封筒、またオークションなどで送る厚みのあるものなどは、定形外郵便となるため重さによって必要な切手の料金は変わってくるでしょう。

想像以上に重さがあり、切手代が高くなってしまう場合には、レターパックやゆうメールなどという発送方法の方がかえって安く済むこともあります。

規格内・規格外郵便とは?

現在、規格内郵便と規格外郵便という区分ができています。
オークションやネット通販などで、郵送するケースが近年増えてきています。
こうした影響で、様々な対応水準を維持するべく、規格内郵便・規格外郵便という区分ができたのです。
規格内区分となるものは、長さ34センチ・幅25センチ・厚さ3センチ・重さ1キロまでのものとなります。
規格外区分は、規格内以上のサイズ、重さのあるものが対象となるのです。

同じ定形外郵便においても、規格内か、規格外かによって料金が大きく変わってくるため、利用する際には事前にチェックしておくとスムーズに利用することができるのではないでしょうか?切手を貼って送ることができるので非常に便利ですし、利用機会も多いのが特徴ですが、こうした料金改定や規格内・規格外区分の違いを把握していないと、思わぬトラブルになってしまうことがあります。しっかりとはがきや切手代を確認しておくようにしましょう。