手持ちの切手にレアな切手があるかも!?高値で売るには

かつて、記念切手の収集がブームとなったことがあります。指紋をつけないようピンセットで挟んでファイリングする様子を思い浮かべますね。1960年代ころのブームです。記念切手もその時代は1枚からでも購入できたこともあり、少額でできる趣味として人気でした。

当時は珍しかった記念切手も今では頻繁に発売されることからそのプレミア感は薄まり、現在は収束の方向にあり、わずかなコレクターが存在するのみ。収集経験のある方は膨大な数の記念切手を持っており、なかにはレアなものも含まれています。

もしもそういった切手を手放すのであれば、一度買取ショップに持ち込んでみませんか?できるだけ高く買い取ってもらえるよう勉強しておきましょう。

プレミア切手とは?

プレミア切手とは、額面以上の価値がある切手のことです。1円でも高ければプレミアものということになります。有名なものでは最も古い切手である竜文切手や、コレクターの人気が高い桜切手、手彫りの切手として最後のものとなる鳥切手などが貴重です。

記念切手としては明治天皇の銀婚記念切手や日清戦争の勝利記念切手など。他に特殊切手や中国切手などもレアな切手として価値が高いです。

株式会社サントさん(@santo.tanaka)がシェアした投稿

高価で買取してもらえるケースは?

高い値段に設定されるケース、それはブームとなる昭和30年より前のもの、手彫りのもの菊や見返り美人をモチーフにしたデザイン物などがあげられます。また状態も査定に大きく影響します。破れや汚れはもちろん、変色も価値を下げる要因です。

査定に出すならまとまった数一度に出すのが高値で取引してもらえる可能性が高くなります。手元に思わぬ貴重な切手が紛れている可能性もありますので、事前によく調べておくことをおすすめします。

買取してもらえる推奨できるところとは…

古い切手などをたくさん持っているなら切手専門で買取を行っているショップがよい。実績が豊富で、査定もしっかりと行ってくれる評判のショップがいくつかあります。汚れや破れ、バラでも一枚ずつ丁寧に査定してくれます。

複数の店舗に問い合わせ、それぞれに見積もりをもらっておくのがよいです。店頭に持ち込めなくても郵送での買取や、出張買取などを行っているところもあるので、サービスの良さや査定価格も比較検討してみては。

もしも手持ちの切手査定が額面を下回っているなら、思い切って金券ショップに持ち込み、手早く換金しましょう。お金ですので、買い取ってもらえないということはありません。どんな切手であっても適切な使い道があるはずです。郵便局では古い切手を現在のサービスに変えることもできます。また寄付としてボランティア団体に贈ることもできますよ。